芸能界デビューまでの道のり


監督・特別講師陣の紹介

原 隆仁(映画監督)
原 隆仁(映画監督)
1983年に「西部警察PART III」でデビュー
大人気国民的ドラマ「あぶばい刑事」や
映画「夜逃げ屋本舗」では客品・監督を務める
脚本家や俳優を養成するセミナーやワークショップの指導者として活躍
多くのシナリオライターや俳優たちを輩出してきた



山岸 謙太郎(映画監督)
山岸 謙太郎
東京都内・横浜市内を中心に活動する
自主製作映画チーム「Project Yamaken」の代表兼監督
「ハードボイルドヨコハマ アクションムービーコンペティション2012」にて、 短編映画「無国籍少女」がアクションムービーコンペ・審査員長を受賞
同作品は押井守監督「東京無国籍少女」としてリメイクされ話題に

長谷 直美(女優)
長谷 直美
17歳でミス・エールフランスコンテストで入賞し芸能界入り
そこからレコードデビューやドラマのヒロイン役で女優としての怪談を着実に登り、 「太陽にほえろ!」「必殺仕事人」「西部警察」「水戸黄門」「大追跡」「キリマンジャロは遠く」など、 数多くの作品に出演

近藤 啓二(映画監督)
近藤 啓二
第4回インディーズムービー・フェスティバルにて、
応募総数451作品の中で上位5位に「Holy+Dog」にて入賞
乃木坂46の原点と言われる1stシングル
「ぐるぐるカーテン」にて個人PV撮影を行う
担当はミスマガジンでGPを獲得した「衛藤 美彩」 
アイドルという概念を覆したPVで話題に
但馬牛を描いた映画「神牛の蹄」公式プロモーション映像も手掛ける

泉 知束(俳優)
泉 知束
劇団「麦」公演で役者デビュー。
演劇ユニット「Team Chica」を旗揚げし、 主宰、作、演出及び主演を務める
TVドラマ「メルトダウン」「テレサテン物語~私の家は山の向こう~」「特命係長 只野仁」「刑事吉永誠一涙の事件簿7」などに出演
多数の舞台や映画、CMなどで活躍